kiji_slider_1

テント倉庫の修理・張り替え

テント倉庫の張り替え時期は、10~15年が目安です

新設・張り替え改修から、10年目に入った時点で、専門業者に点検依頼されることをお勧め致します。
10年を過ぎると、紫外線による経年劣化が進み、表面樹脂のヒビ割れが全体に及びます。
このような状態のままであると、台風や雪で一気に破損するケースが多々見受けれらます。
弊社では小規模修繕から大規模な張替えまで、様々なテントに対応いたします。

長年の経験と豊富な施工実績がある当社に安心してお任せ下さい。

before_after_img

テント倉庫の生地張り替え時期のチェック方法

✅ 生地に劣化や傷み、ひび割れ、色褪せ、破れなどがある

✅ 生地が水をはじかず、水滴がしみ込む事がある

✅ 生地の柔軟性や弾力性が失われている

✅ 何度も同じ箇所を補修したり、繰り返し修理を行っている

contact_banner

張替え生地一覧

kiji_img1

ウルトラマックス

全26色


fire_protection
water_protection

詳細はこちら

kiji_img7

ストライク

全17色


fire_protection
water_protection

詳細はこちら

kiji_img6

クローザー(FG-8F)

全12色


fire_protection
water_protection

詳細はこちら

kiji_img11

エステル帆布 4号

全6色


fire_protection
water_protection

詳細はこちら


ウルトラマックス ハリケーン
5MR ウルトラクール(遮熱)

全26色


fire_protection
water_protection


クローザー ターポロン(G-3500/G-3000Ⅱ)

全12色


water_protection

お役立ち情報一覧

contact_banner
instagram
facebook
youtube
Twitter